Concept of 陶房 心和庵




料理と器が互いを引き立てあう器づくりを…

今から400年前の1598年(慶長3年)、
豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加した平戸藩主松浦鎮信は朝鮮の陶工・巨関(こせき)を連れ帰りました。
巨関が藩主の命を受け平戸・中野で最初の窯入れをしたのが三川内焼の始まりです。
三川内焼は、平戸藩の庇護のもとで殿様への献上品を中心につくる御用窯として発展したため、
窯元毎に技を競いながら白磁に染付の精巧な作品が次々に誕生し、
国内のみならず海外の王侯貴族に愛されました。
その平戸藩おかかえの絵師であった始祖中里松之助の精神を継承しつつ、
手づくり・手描きにこだわり、良質なものづくりを心掛けています。
現代のライフスタイルに合う器、互いが互いを引き立てあうという器と料理との理想的な関係を
内に秘めた器づくりをめざしています。



指先の感覚を…、筆使いの繊細さを…

陶房・心和庵では、私たち2人が五感で感じるものを大切にしたいという思いから
すべての工程を手仕事で行っています。
手でこねる土練りから始まり、1つ1つろくろをひき、何度も何度も筆を重ねるという
何百年とつづく器づくりの手法を伝承しています。
そのため、数多くの作品を短期間で作るということはできませんが、
その分、1つ1つの作品に気持ちと魂を込めて制作しています。
私たち2人が目指す「毎日の食卓を豊かにする器」。
器を囲む人たちが笑顔になれる、喜ばれる器づくりを目指し、
これからも1日1日、日々精進しています。
心和庵の二人が作り出すこれからの作品にもご期待ください。





 *展示・販売のご案内=陶房「心和庵」では、日用使いの器やお皿、コーヒーカップなどを
 常時展示しています。
 お祝いや記念日向けなどのギフト商品もそろえていますので、お近くにお越しの際は、
 ぜひ展示場にお立ちよりください。
 また、引き出物や店舗食器など、特別注文の商品も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。